賃貸管理

いわゆる「不動産管理」ですが、ここでは具体的な業務内容をご紹介致します。

1.<家賃管理>

毎月決まった期日に家賃の入金を確認し、滞納が発生した場合は電話連絡や督促状の送付を行います。
必要に応じて連帯保証人への請求や、保証会社への代位弁済手続きをする場合もあります。
毎月月末までに回収した家賃を、翌月10日までにオーナー様に送金するスケジュールが基本のプランです。

2.<入居者からの連絡窓口>

設備不良や修繕依頼、入居者同士や近隣とのトラブル、各種クレーム等の対応窓口業務です。
初期対応がいい加減だったり不親切だったりすると、入居者からの不満に繋がり、満足度の低下や最悪の場合は退去に繋がる可能性もありますので、おろそかに出来ない部分です。
また、入居者からの声に向き合う事で今後の改善点が見つかる事もあります。

3.<入居者募集>(リーシング)

空いている区画に入居者(テナント)を入れていきます。
周辺の賃貸相場や傾向を調査して、必要に応じてリフォームやクリーニングの提案を行い、
賃貸条件の設定、広告宣伝(賃貸業者への告知や訪問営業も含みます。)、契約条件の交渉、
入居審査、契約締結、鍵の引渡しを行います。
安定した賃貸経営を続ける上で、非常に重要な部分です。

4.<定期清掃やメーター検針>

ビルやマンションによりますが、共用部分の定期清掃や各戸の水道メーター検針を行います。
清掃の内容や頻度は応相談です。

5.<建物メンテナンス・維持管理>

修繕計画の立案・実施や、老朽化した設備のメンテナンス手配を行います。

6.<契約の更新や解約業務>

必要に応じて契約更新や退去時の解約業務を行います。
特に解約の際は退去立会いがあり、原状回復費用の請求が発生する場合がありますが、
余計な経費を抑えるためにも請求出来る部分については入居者からキッチリ回収する必要があります。
この費用を回収出来るかどうかで資金計画が変わりますので地味ですが、非常に重要な仕事です。

細かい部分を挙げればまだまだ沢山ありますが、代表的な業務は上記の様な内容になります。
また、弊社では資産価値やキャッシュフローの向上、売却時の利益最大化に向けたマネジメント業務も含めて、
広い意味で不動産管理と呼んでいます。(一般的にはプロパティマネジメントやアセットマネジメントと呼ばれています。)
不動産投資は良い物件を取得する事が非常に大切ですが、その後の運営管理も同じ位重要なものです。私は不動産は磨けば磨くほど光るものだと思っています。

 

 

Copyright (C) バイリンク株式会社 All Rights Reserved.