有意義な1年 稲留|投資用区分店舗・事務所なら大阪の収益不動産専門のバイリンクへ

ログイン

都会で闘う営業マンのブログ

有意義な1年 稲留

2021-02-26

いきなりの告白になるのですが、私は大学で留年しています。

 

 

実際問題、模範となるような学生ではありませんでしたが、卒業に必要な単位は取得していました。では何故、留年することになったのか。賛否両論あるとは思いますが、それを今回はブログとして書いていこうと思います。

 

私の学生時代を思い返してみると、決して人に誇れるような物ではありません。

甲子園を目指していた。だとか模試で全国何位だった。だとか話のネタになりそうな経験はほとんどありません。

なにかに熱量をかける事もなく、ただ淡々と日々を消化する毎日を送っていました。

 

大学生になって3年が過ぎた頃、周りの友人は就職活動に打ち込み始めていました。

私はというと、周りが今までの喧騒とかけ離れ、外面だけを真面目に整えた様子に吐き気すらも覚えていました。

 

それと同時に、「本当にこのまま社会人になって良いのか。」と自問自答を繰り返すようになりました。もし社会人になったとして、何年間働き続ける事になるのか。このまま社会人になって本当に立派な社会人になれるのか。学生時代にしか出来ないことを成したのか。実際のところ、心残りはたくさんありました。

1か月も経たないうちに留年することを決意し、アルバイトで貯めた貯金を引き出し、両親に自分の考えを伝え、1年間の学費を自分で払うならと、なんとか了承を得る事が出来ました。

 

それからの1年間は思い付きで全国各地にドライブしてみたり、海外に行ったり、1日中家に籠りゲームに打ち込んだり、とにかく自分の好きな事だけに時間を使いました。

今は時間はあるがお金がない。どうせ社会人になれば嫌でも働くのだからとアルバイトも辞め、消費者金融でお金を借りてまで遊び尽くしました。

 

これが正解なのか不正解なのか、それはわかりませんが、私自身後悔は全くなく、

もう一度選択を迫られても同じ決断をするでしょう。

今現在、思いっきり仕事に打ち込むことが出来ているのもこの有意義な1年間のおかげなのかも知れません。

 

 

 

稚拙ではありましたが、私の人生を少し開示してみました。

今後も、ブログを更新していきますので、引き続き、宜しくお願い致します。

 

稲留

テーマ名基本
ページ作成日2021-02-26

PAGE TOP

大阪・東京の収益物件、不動産投資はバイリンク株式会社
Copyright(C) xLINK. All Rights reserved.