お店や会社から良いサービスを受けるためには。 | 代表ブログ | バイリンク株式会社

社長ブログ

お店や会社から良いサービスを受けるためには。

2022-09-28

バイリンクには社員のみんなが年間150日は通っているラウンジがあります。金額で言えば年間1000万円は超えてますので、少し度が過ぎているのですが。。。先日そこのオーナーからボクに電話がありました。(昔はボクも通ってました。)
「いつもいつもお店に来て頂いて、沢山お金を使って頂いてありがとうございます。8月以降お店がとてもヒマで本当に助かっています。」
別に助けるつもりで行ってるわけでは無いと思うのですが、結果的に当社はいわゆるアツい客らしいです。
そう言えば今まで色々とVIP待遇されてる?と思う様な待遇がありました。ただの親切かと思ってましたが、いつの間にかウチの会社はそのお店にとってそんなに良い客になったのか?と少し恥ずかしくもあり嬉しくもある複雑な気持ちになった事を思い出しました。

ところで、そこのお店では怒ってる客も度々目にします。まぁお酒の場なので珍しい事では無いのですが、どうやらお店から良いサービスを受ける事が出来なくて怒っている様です。そして怒っている客には共通点が。
それは良い客(美味しい客)では無いという事です。まぁ要はケチで金を使わないくせに要求ばかりしてくる客、という事ですね。あまり良い事ではありませんが、お店や従業員からするとあまり良い客ではないのでサービスのレベルが落ちていた可能性もありますし、落ちていなくてもその客が求めているレベルのサービスは受ける事が出来ていない状態という事ですね。

そういう場面を見るとため息を付いてしまいます。商売人から見るとナンセンスなやり取りです。

これは残酷な真実ですが、良いサービスを受けようと思えば良い客になるしか無いんですね。それはお金を使う事以外にも色々あります。忙しい日ではなくなるべくヒマな日に行くとか、従業員の人に感じよくするとか、色々あるはずです。

良い客になればお店から何かフィードバックがあるはずです。他の客にはしていない何か特別なサービスがあるかもしれませんし、明らかに優先順位が上がったと感じる事が出てきます。フィードバックが無いという事は自分がまだ良い客では無いか、お店が鈍感かどちらかです。
良いカモになる事を恐れていては良いサービスを受ける事が出来ません。自尊心の低い人からするとハードルが高い事ですが、まずは良いカモになる事からスタートです。

但し相手は選んで下さいね。

テーマ名
ページ作成日2022-09-28
カレンダー
 << 2023年1月  




【テーマ】|


月別

PAGE TOP

大阪・東京の収益物件、不動産投資はバイリンク株式会社
Copyright(C) xLINK. All Rights reserved.