会社が敷いたレールに乗っかるということ。 桝田 | バイリンク株式会社

都会で闘う営業マンのブログ

会社が敷いたレールに乗っかるということ。 桝田

2022-12-05

ご無沙汰しております。バイリンクの桝田です。

入社して間もなく2年となり、右も左も分からない頃と比べるとようやく左くらいは分かる様になってきたかなと実感している今日この頃です。

先月、新入社員が一気に増えた事もあり、弊社代表による営業研修が開かれました。

その研修に感銘を受け、今回手を挙げて感想等含めて、本ブログを更新させていただいております。

 

今年の個人的な営業成績は皆様のお力添えを頂いて、現在社内でトップ3に入る事ができました。去年の自分では考えもしなかった成績に、満足はしておりませんが、自分自身少し驚いております。


 

ここまでだと、ただの自慢話に過ぎませんが今回、私が伝えたい事は、人間誰にでもチャンスはあるという事です。

実際冒頭でもお伝えした通り、私は去年まで不動産業の「不」の字も理解していませんでしたし、勿論、同業者様や顧客様との繋がりも皆無でした。

では、何故そんな自分が今年飛躍できたのかというと、「バイリンクが敷いたレール」に上手く乗っかる事が出来ていたからだと思っております。

同業者様・顧客様とのお付き合いの方法や、一日のスケジュールの組み方等、代表直々にお教え頂いて、その通りに日々業務に取り組むだけで、気が付けば今の自分が居る。という2年間でした。

言われた事をやるだけ。これは小学生でもできる事で、教えられる側よりも教える側が肝心という事に私、今年27歳となりますが気付く事ができました。

商談方法は各営業マンの個性によって変化しますが、「十人十色」とは良く言ったもので、各営業マンによって好かれる顧客様も違います。

正直浅い経験からでも断定して言える事は、正解はありません。

人の性格は簡単に変える事が出来ないのは、誰にでも分かる事だと思いますが、ありのままで接客するだけで、その商談の回数さえ増やせば必ず自分を好んでくれるお客様と出会う事ができます。何百回、何千回と商談を繰り返しても誰一人好かれないという事例は今までにないですし、仮にその様な事があれば、本当に自分自身を見直さなければなりません(笑)

 

まとめると、今回代表の会議は「十分な仕事量・労働ボリュームを確保すること」というのが議題でした。

まさしく、私が2年間この教えに添って業務に取り組んだ結果が今の自分を創り出してくれていると思います。

「何事も地に足を付けてひたむきに努力すれば、結果は後から付いてくる」という代表の言葉を運良く立証できた自分に少しは自信を持ち、決して驕らず、次は新入社員に自分が実行してきた事、すなわち「バイリンクが敷いたレール」に上手く乗れる様に、教えていく事が出来る様に努めて参ります。

収益不動産の購入・売却含め、不動産とは関係無い相談等でも、一度バイリンクを頼ってみてください。

社員一同、お客様のご連絡を心よりお待ちしております。

それでは、失礼致します。

 

 

テーマ名
ページ作成日2022-12-05

PAGE TOP

大阪・東京の収益物件、不動産投資はバイリンク株式会社
Copyright(C) xLINK. All Rights reserved.