宅地建物取引士への道 宅建業法とは|投資用区分店舗・事務所なら大阪の収益不動産専門のバイリンクへ

ログイン

都会で闘う営業マンのブログ

宅地建物取引士への道 宅建業法とは

2020-05-17

こんばんは。

最近、宅建の勉強で宅建業法を勉強しています。
今日は宅建業法とはまず、なんぞやという所を
私自身の振り返りも兼ねて、記載していきます。

まず宅建業法とは何の為にあるのか
ぞれは一般消費者の保護の為にあります。

細かくいえば、我々、宅建業者は生業として
日常的に物件の取引を行ったり、物件情報に触れており
必然的に知識、経験がついてきます。
しかしながら一般消費者の方はマイホームの購入などで
一生に数回しか、物件の取引をしないですよね?(一部例外はございますが)
ですので知識、経験、情報力、資金力などに
我々、宅建業者と比較すると、どうしても差がでてきます。
そして一般消費者の方が我々宅建業者と取引を行う際に
一般消費者の方が一方的に損をしない様に業者に
規則、制限を設ける事により一般消費者の方を守る為の決まり事。
それが宅建業法というものです。

この内容を念頭に置き、引き続き資格取得に向けて
勉強していきます。

次回は宅建業(正式名称宅地建物取引業)とは
具体的に何を指すのかを記載したいと思います。

続く

 
テーマ名宅地建物取引士への道
ページ作成日2020-05-17

PAGE TOP

大阪・東京の収益物件、不動産投資はバイリンク株式会社
Copyright(C) xLINK. All Rights reserved.